前へ
次へ

30代になって真剣ダイエット

10代から20代にかけては痩せ型で、いくら食べても全く太ることがなかったので、かなり調子に乗って食べてばかりいました。
いくら食べても全く太らないのが取り柄だったため、とにかく好きなだけ食べるようにしていて、ダイエットなど全く考えたことはなかったのです。
しかしながら、30代に突入すると状況は一変しました。
食べたら食べただけ贅肉が付くようになり、体重も50キロを突破したところでこのままではいけないと感じました。
そこで真剣にダイエットに取り組むようになったのです。
まず、一番苦手だった食事制限を計画的に実施しました。
好きなだけ食べていたのをやめて、カロリー計算を徹底するようになりました。
カロリーの消費量と摂取量のバランスをきちんと考えることで、無計画にカロリーを摂取する状況を辞めたのです。
そうしたところ徐々にではありますが、体重が減り始めました。
カロリー計算は結構面倒ではありますが、自分がどれだけ食べたかを的確に把握することができるので手間がかかってもやるべきダイエット方法の一つです。
カロリー消費は数字で計算でき、最近では便利なアプリも登場しているので、本気でダイエットをしたいのであれば避けて通ることはできません。
次に、ジムに通って定期的に運動をするようにしました。
運動が苦手なこともあり、社会人になってからはあまり運動をすることはなかったのでまずは運動を始めようと近所のトレーニングジムに通うようになりました。
三日坊主にならないためにも日にちを決めてジムに通うようにしたところ、徐々にその効果が現れてくるようになりました。
30台に入って代謝が落ちたと感じた一つに、汗をあまりかかなくなりました。
日中はオフィスで仕事をしていて、通勤は電車なのでほとんど外に出る機会がありません。
そこで、ジムで汗を流すようになってからというもの、すぐに汗をかくようになりました。
体質を改善できれば、痩せやすい体を作ることができます。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren1set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top